ぷぷそふぃーはてんかん女

ぷぷそふぃーはてんかん女

てんかん発作や日常生活などから、気のむくままに

てんかん女性の妊娠 抗てんかん薬の副作用とは?

f:id:pupusophie:20170610151306j:plain

今回は大人のためのお話です。

てんかんのある大人の女性を悩ませるのがこの問題です。

妊娠・出産未経験のぷぷそふぃーが語るのはおこがましいかもしれませんが、大切な話なので、どうしても書きたいと思います。

自分には関係ないと思った方も読んでください。

自分を守るため、誰かを傷つけないために大事な話です。

 

てんかんは遺伝するの?妊娠にはリスクがあるの?

ときどき勘違いをされることがありますが、てんかんは遺伝しません。

てんかんの親から生まれた子供にてんかんがある場合もありますが、その確率は他の親と同じ程度です。

てんかんがあっても子供を産み、育てている人は多くいます。

しかし、てんかんのある人には気を付けなければならないことがあります。

妊娠してから対策していては、何もかも遅いかもしれないのです。

 

てんかん薬による副作用

葉酸」をご存知でしょうか?

妊娠を経験された方や少し知識のある方なら知っているかもしれません。

赤ちゃんがお腹の中で成長するために、大事なものの一つです。

てんかん薬の種類によっては、副作用でこの葉酸が減少してしまうことがあるのです。

葉酸が足りないと、奇形児など赤ちゃんに先天的な異常が現れやすくなってしまいます。

 

では、薬の服用をやめたらいいのでしょうか?

いいえ、医師に相談なく薬の中断は絶対にしてはいけません。 

妊娠中の発作

薬をの服用をやめると、薬で抑えられていた発作が起こるかもしれません。

もし、妊娠中に大発作が起きたら。

転倒によって衝撃を受ける恐れがあります。

さらに発作中は呼吸が止まり、赤ちゃんが酸欠状態となります。

 

それなら、どうしたらいいのでしょう?

私の場合年頃になったころ、二つの方法を医師から説明されました。

(あくまでも私の場合ですので、必ず専門医に相談してください)

 

てんかん女性の妊娠準備

1.薬の変更

方法の一つが薬の種類を変更すること。

医師に相談の上、葉酸減少の副作用のない薬に変えます。

2.葉酸の服用

近頃は健康な女性でも、胎児のために葉酸サプリなどを飲む人が増えています。

てんかんの場合も同じく、医師の指導のもとで足りない葉酸を補給してあげれば良いのです。

 

妊娠しても、赤ちゃんに何かあったら…。

好きな人の子供を健康に産んであげられないかもしれない。

わが子に不便な人生を強いるかもしれない。

これは、どんな発作よりも恐ろしいことです。

もしものことを考えるととても怖くて、男性と距離を置きたいと思うこともあるでしょう。

しかし、きちんと知識を持って準備すれば大丈夫です。

体の準備ができるまで、正しい避妊をするなど計画的に対策しましょう。

妊娠・出産への不安は、てんかんのあるなしに関わらず、どんな人も抱えているでしょう。きちんと対処すれば、てんかんのない人と変わりありません。

初めにも書きました通り、てんかんがあっても子供を産んで育てている人はたくさんいます。

また、不安のある時に一番の支えになるのは、パートナーの理解でしょう。

男性の方々にも、ぜひ知ってほしいお話ですね。