ぷぷそふぃーはてんかん女

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷぷそふぃーはてんかん女

てんかん発作や日常生活などから、気のむくままに

てんかんの発作がおきたら、救急車を呼ぶか?こんなときには救急車を呼んでください!!

f:id:pupusophie:20170129144954j:plain

こんにちは。ぷぷそふぃーです。

 

今日は大発作の時に救急車を呼ぶべきかどうかについて書きたいと思います。

前回の記事と合わせて読んでいただければ幸いです。 

pupusophie.hatenablog.com

 

救急車を呼んでも無駄?

実は、てんかんの大発作で救急車を呼んでも、救急車が到着する前に発作がおさまっているケースが多いのです。

私も何度か救急搬送されたことがありますが、気分は悪いものの自分の足で救急車に乗れるぐらい回復していました。

病院に到着しても、医師はひととおり話を聞いた後こういいます。

「大丈夫そうですねー。帰っていいですよ」

え!?それだけ??って思いますよね。それだけなんですよ。

気分が悪いのに乗り心地の悪い救急車で連れてこられても、こうしてすぐに帰されます。

帰りも送ってくれたらいいんですけど、救急車は帰りは送ってくれませんから、タクシーをひろって帰るしかありません。

こんな感じなので、普通の発作だけなら、救急車を呼ぶ必要はないと言ってよいでしょう。かえって疲労感が増し、お金がかかるだけです。

しかし、発作の状態によっては救急車を呼ばなければいけない状態があります。

では、どのようなときに救急車を呼ばなければいけないのでしょうか?

それが次のようなときです。

大発作で救急車を呼ぶべきとき

1.てんかんの発作が10分から15分以上続き、おさまらない場合(一般的に数分以内に収まるため)

2.てんかん発作が連続して何度も繰り返すとき

3.発作からの二次的な事故により危険な状態になったとき(転倒し頭を激しく打ったなど)

 

以上の時には、救急車を呼ぶことをお勧めします。

(ただし、ぷぷそふぃーは医師ではないので、専門医やかかりつけの医師などにしっかり話を聞いたうえで、対処してくださいね。)

 

緊急時以外に救急車を呼び、本当に必要な人の元へ救急車が向かえなくなるということが、近年問題になっています。

かえっててんかん患者の負担を増やしてしまうかもしれないということもありますので、必要か否かを見極めることは重要でしょう。

ですが、はじめて発作をみたら、パニックになってしまいそうですよね?

その心労を考えると、私の口からは絶対に救急車を呼ぶなとは強く言えません。

こんなことをいうと救急関係者の方々に怒られるかもしれませんが。

結果的に必要がなかったとしても、万が一何かあったらと思うと心配だと思うので、救急車が来てくれたら少しは安心できるでしょう。

とはいえ、救急隊員はかならずしも、てんかんに関して知識を持っているとは限りませんので、この点は注意してください。

思い出したのでついでにこれも書いておきます。

救急隊員はてんかんを知らないかもしれない

以前、こんな記事がありました。

www.sankei.com

救急隊員がてんかんだと気づかず、適切な処置ができず騒ぎになった話です。稀な話だと思いたいんですが。

てんかんは命に関わる発作ではなく、たいてい簡単な処置で安静にすれば落ち着きます。

ぜひ多くの人にてんかんを知ってほしいと願います。